CATEGORY:  1.5次会/結婚パーティ ・ ニュース ・ 
2020/12/28

【パーティーレポート】真の家族になる瞬間を見届ける/triangle-11月の大三角形-


夏の満点の星空を見上げた時に、アルタイル・ベガ・デネブで構成されている夏の大三角形を見つけた事はないでしょうか。

それは7月7日に織姫と彦星が運命的に出会えた七夕の星。 幸せを呼ぶ7が揃う日とも言われており、今回ご紹介するお二人はそんな幸運の七夕に入籍をしていました。

今回はその“三つの星”を繋ぎ、真の家族が誕生する瞬間をゲストと作り上げるパーティーをご紹介します。

ご紹介するのはこんなお二人

頑張り屋さんだけどどこか助けたくなる、保育園で働く新婦さん。

曲がった事が大嫌いな文字通り“まっすぐな” 長距離トラック運転手の新郎さんは、新婦さんのお子様とともにこれからを生きることを決めました。

これから三人で新たな道へ進むその第一歩を当日サプライズ感たっぷりで表現できたらいいなぁ、と始まった打ち合わせ。

結婚式のような事はしたいけれど、余興やケーキカットなど一般的な流れに魅力を感じずどうしよう、と思っていたそうでNEO FLAG.Weddingの場所やスタイルを柔軟に合わせられる点に魅力を感じて頂きました。

タイトルワードは「トライアングル」として、七夕入籍にちなみ、夏の第三角形をモチーフに三つの星(=アルタイル・ベガ・デネブ)になぞらえた新しい家族を見守る大切な周りにきらめく星(=ゲスト)と絆を結ぶ、というストーリーに。

コンセプトは“triangle-11月の大三角形-”

上記ストーリーから同時にそれぞれの点が「過去・現在・未来」を表現し、家族三人が大切なゲスト・仲間に祝福・承認される1 日を作って行きます。

過去の星:育ててくれたお母様やご家族、そして人間形成に欠かせない仲間たちがいるということ

現在の星:そんな人たちが一堂に会するこの瞬間を大切に噛みしめるということ

未来の星:シンプルにこれから俺たち幸せになるということ

三つの星を再認識し、輝かしい未来を歩もう。

 家族三人も大三角形で構成されており 古代よりトライアングルには成功と繁栄の パワーを持った形という言い伝えもあることからぴったりのコンセプトになりました。

 

果たして選んだ場所は!?

舞台となるのは東京・池袋にあるリビエラ東京。今回は星がテーマになるので演出で星空をマッピングできる会場をチョイス。

 

パーティー前のファーストミート

パーティーが始まる前に、当初から取り入れたいと話していたファーストミート。ちょっと話はそれますがせっかくなのでファーストミートの起源についてお話ししましょう。

ファーストミートの起源は、結婚が親同士の決め事だった時代までさかのぼると言われ、当時は結婚式まで新郎新婦が顔を見合わせることが禁止されてたそうです。

現在はロマンチックな演出として取り入れられているこのファーストミートには、そんな由来があるとされています。そこから転じて、「結婚式の前に新婦の花嫁姿を見ると幸せになれない」というジンクスも生まれたそうです。

それでは本題へ戻りましょう。チャペルでひとり待つ、新郎さん。ドキドキと緊張が伝わる背中ですね。

新婦さんが後ろから近づき、声をかけます。

こちらまで照れ臭くなってしまうほどのいい笑顔。

眩いウェディングドレス姿に新郎さんも思わず涙。

そして、ギュッと抱き寄せ、この時しか感じられない瞬間を噛み締めます。

親御様との“ファーストミート”も行い記念写真を。その間、ゲストの皆様は受付へと続々と進んで行き、お二人の入場を待ちます。

受付アトラクション

コロナ禍の開催ということもあり、できるかぎりの感染症対策を行い、受付でもアクリル板を使ったり、スタッフも手袋・マウスシールドでの対応をさせて頂きました。

テーブルは星座の名前で表記し、テーマ感を演出。

そして、ゲストが席につくと席札がお出迎え。一見なんの変哲も無い席札ですが裏を向けて、真っ白な部分にブラックライトをかざすと文字が浮き出る仕掛けを。お二人からのサプライズなウェルカムメッセージにゲストも見入ります。

いよいよお二人を迎えます

司会からの開宴コメントと共に会場はスーッと暗転。そして星空のマッピングが会場を幻想的に包みます。

まだまだお二人、緊張の面持ちですね。

ウェルカムスピーチ、乾杯と進み、祝宴はスタート。

サプライズともにお子様に向けたフラッシュモブ

今回のパーティーで大きなテーマになる“真の家族になること”。それを体現するためにはお子様への想いもしっかり伝える必要がありました。

お二人の言葉を借りると、

 

婚姻届出したり指輪買ったり、結婚するんだなぁ、したんだなぁ、と実感するタイミングはお互いにあったものの、お子様はどうだったんだろうと思ったのが始まりです。

きちんとわかりやすい形で、「新しい家族のカタチ」としてやっていきたい、良いかな?というプロポーズのイメージです「受け入れてほしい」では無く、あくまで、「一緒にやっていきたい、一緒に居たい」。

 

そんな気持ちを伝えるために一つの演出を用意しました。

それが“フラッシュモブ”でした。

テーブルラウンドとして、各ゲストテーブルにご挨拶へ行く傍、七夕入籍にちなんで短冊にメッセージを書いてもらったものを回収して行きます。(フィナーレ演出の伏線です)

全てのテーブルを周り、メインテーブルへ戻ると司会からはケーキカットのアナウンスが入り、スタッフがケーキを後方から運んでいきます…

メインテーブル脇にケーキが置かれると布をオープン!でケーキお目見えのはずが…

なぜかスタッフは会場後方を指差します。ゲストに扮したパフォーマーが踊り出し、会場を盛り上げます。

まずはゲストへのサプライズとしてフラッシュモブをお楽しみ頂きます。

新郎新婦さんも手拍子で盛り上げます。が、突如新郎さんがスタッフに連れ出されて…踊り出します。

このために貴重なお休みを練習に当てこの瞬間を待っていました。

そして、ダンスのオチには娘さんへ想いを込めたプレゼント。指輪だとサイズが変わってつけられなくなるということから、長く使えるネックレスに。

・七夕に家族になったことで今回のコンセプトを反映できる

・お二人の結婚指輪が“チュロス”という名前で、チュロスは断面が星の形になる

 

という理由から星のモチーフのネックレスをご用意されました。

これからもよろしくね!と新郎さんから想いの丈を伝えて頂きました。ゲストの皆様も心温まるシーンに涙する方も。

フィナーレは結婚の承認式。

その後、ゲストと思い思いの時間を過ごして頂き当パーティーはフィナーレへと進みます。1本の映像から始まる15分間のファーストプレゼンテーションです。

これより新郎さん、新婦さん、お子様の 三人は家族として共に歩み、絆を深めていきます。
真の家族としてスタートする、その象徴として出来上がった1本のキャンドル。ゲストのみなさまからのメッセージを入れ込んでタイムカプセルキャンドルとして封じ込めます。

そして、お二人に想いを込めて火を灯し、お子様よりお近くの代表者の方へ星形のキャンドル に火を灯しにいき“家族の繋がり”そして“ゲストとの繋がり”をキャンドルリレーという形で表現します。

星形キャンドルに火が灯されました。炎には不思議な力があって、吹き消す事で幸せになり、 願いが叶うという言い伝えがあります。

本日のパーティーコンセプト 《トライアングル-11月の大三角形》。 この大三角形の周りには光の道でもある天の川が あります。

お2人の歩んできた人生の中でも、ここにいらっしゃる皆様 は、楽しい時も、悩んだ時も、いくつもの場面で共に力を 合わせ、励まし、笑い合い、お二人のそばで輝く天の川の ように見守り続けて下さったかけがえのない大切な仲間たち 。

大切な仲間の皆様とお手元のキャンドルに灯された炎に、三人を家族として承認する証と共に 皆様の願いも込めてカウントダウンの後に優しく吹き消していただきます。

それでは参ります。「3・2・1どうぞ」

皆様がキャンドルに想いを封じ込めて下さったことによって三人を家族として承認いただきました。

 

そして新郎さんからはひとりで育ててくれたお母様へ感謝の気持ちを直接伝えます。

記念品の贈呈へと移ります。選んだ記念品は“生まれてから今日までの日数を刻んだ感謝状ボード”。言葉では伝えきれない想いをボードにしたためお渡しします。

愛情いっぱいのハグは私たちの心も温めてくれる素敵なワンシーンでした。

お二人から感謝を込めた言葉でゲストの皆様へ謝辞を述べて頂き…

ラストは三人笑顔で退場です。おめでとうございました!!!

 

ぎゅっと詰まった、ダイジェスト映像でもぜひ当日の様子をご覧ください▶︎▶︎▶︎

コロナ禍中でも私たちスタッフも楽しみながら行えたパーティーになり、とびっきりのスマイルで真の家族として送り出すことができました。

 

~担当プロデューサー尾山より~

コロナ禍の中、開催延期を経てこの日を迎えられたことを本当に私たちも嬉しく思います。想いを本音でお話しすることもできましたし、当日ホッとしながらも緊張の面持ちのお二人が印象的でした。エンターテイメント要素に当初からこだわりを持ち、音と照明で世界観を作りたい、と一緒に作り上げることができましたね。真の家族として新たなスタートを迎え、これからも素敵な家族生活を送ってください(^o^)


サポート実績2,000組以上のNEO FLAG.Weddingについて

ネオフラッグ ロゴ

私たちNEO FLAG.Weddingは関東圏を中心にオリジナルウェディングを総合的にプロデュースしている企業です。掲げるコンセプトは

未来に繋げる、繋がるWedding


もっとクリエイティブで、自由で、オリジナルな結婚パーティーを通じてご友人たちから「本当に結婚パーティー楽しかった!最高だった!」と言ってもらえるような、価値ある一日を是非私たちと一緒に目指しましょう。

東京、横浜、千葉、埼玉を中心に、約500会場からお二人にぴったりの会場をナビゲート。お二人のこと、ゲストのこと、色々なお話を重ねながら、専属のウェディングプランナーがサポートいたします。

オリジナルウェディングのパーティー実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

イメージ0でもオリジナルウェディングがまるっとわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン)

NEO FLAG.wedding Promotion movie

NEO FLAG.wedding Digest movie

【インタビュー】流れ作業のような結婚式ならやりたくない!「キャンプや登山に行きたくなった!」というゲストの声続出のパーティーを終えてみて思うこと

【インタビュー】縁日をモチーフにしながらゲスト一人一人に感謝を伝えられた結婚式を終えてみて二人が思うこと

【インタビュー】特徴がなく平凡だと思っていた二人が、オリジナルウェディングを終えて思うこと

【インタビュー】友達に自慢できるような、納得のいく結婚式1.5次会の作り方

【インタビューやりたくなかった新郎が結婚式1.5次会を開いて思うこと

自己負担金額の目安

プランナー

自己負担金の目安

また自己負担0円で会費制ウェディングができる!というようなプランのご用意もございません。
あくまで、会費制ウェディングの新郎新婦の平均的な自己負担額である50万円程度は、少なくともかかってくるものと想定して頂けるとよいでしょう。

NEO FLAG.Weddingのプロデュースの場合は、パーティーの内容にもよりますが多くは80万円~100万円程度の自己負担金となることが多いですがそれぞれのお客様に応じてプラン二ングしています。

祝儀制で実施される従来の結婚披露宴の一般的な自己負担額130万円と比べると、お二人にもゲストにも負担が少なく満足度の高いオリジナルの会費制ウェディングが実施できる点が人気の理由と言えるでしょう。
私たちが会費制ウェディングを開催するにあたってのどんな疑問も解決いたします!


オリジナルウェディングについてネオフラッグウェディングに問い合わせる

電話で問い合わせる

℡ 0120-935-857
(営業時間 10:00~19:00)※毎週水曜日は定休日

オリジナルウェディングの実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

オリジナルウェディングを成功させる秘訣が全てわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン)