CATEGORY:  1.5次会/結婚パーティ ・ ニュース ・ 
2020/04/04

【パーティーレポート】ありのままを表現するってこういうこと!? コンセプトは“にちようび-ハジマリの陽(ひ)”-


突然ですが、日本の文化において、週の始まりは「日曜日」とされていることご存知でしたか??

何かを始める、趣味としてそれをすることを表す「日曜大工」「日曜画家」なんていう言葉がありますもんね。

このブログをご覧のあなたは、どんな日曜日を普段過ごされていますか?

今回ご紹介するパーティーは大切なゲストと過ごす、【 特別な日曜日 】がテーマの結婚お披露目パーティーのパーティーレポートです。

ご紹介するのはこんなお二人

ルートセールスで太陽のように、明るい笑顔で照らす新郎さんと、幼稚園の先生で暖かなぬくもりで包み込む新婦さん。

お二人が掲げていたテーマは

“私たちはこんな二人です!をわかってもらうこと”。でした。

ヒアリングの中で感じたことは…

お二人の日常=共通のお休みの日曜日が切り取られ表現されること。

特別なことは不要で、些細な事、ありふれた事に「幸せを感じられる幸せ」を共有する。

結果、それが“特別” な時間=日曜日のお昼へと繋がっていく。

「今まで支えてくれてありがとう!これからもよろしくお願いします。」という思いをシンプルに自分たちの言葉で伝えよう!

ということでした。

 

そんなお二人の想いから、コンセプトは

“にちようび-ハジマリの陽(ひ)-”

としました。

 

お二人とお互いの家族、そして両家同士が結ばれるきっかけとなる一日。

MAKE SUNDAY SPECIAL!!

ちょっと特別な日曜日!!を共につくります。

 

会場はみなとみらいにある、レストランアッティモ。
駅からのアクセスと、海沿いに面したとても閑静なイタリアンレストランです。

ご招待前の“ひと工夫”-インビテーションムービー!?

今回のお二人のテーマを実現するために、私たちが提案したのは“前撮り”。

ありのままのお二人をゲストの方にわかってもらうためにはありのままを切り取ることが大事!

そう考えました。

ご自宅やドライブコースを同行しながら自然と出る笑顔や結婚式までの準備風景を撮影。

 

招待状の内面は日曜始まりのカレンダー仕様になっていて、当日までを意識でき、さらにQRコードを載せて、当日までのワクワク感を感じてもらえる仕掛けです。

QRコード読み込むと↓の映像が出てきます。

 

そして、当日…

まるで日曜の食卓を表現するかのようなウェルカムアイテムがお出迎え🍴

エスコートアイテムって知ってますか?

エスコートアイテム。最近よく聞くようになったアイテムかもしれません。

ゲストを席まで案内するためのアイテムの総称とされていますが海外の結婚式ではよく見かけるものです。

 

今回はハーバリウムペンをゼロから作成いただき“日曜大工”して頂きました!

そして日曜大工の第2弾、アートブーケをゲストにはドレスコードとしてお渡し🌸

招待状は持参頂くと、“よく来てくれました”という感謝のスタンプを押して感謝を伝えます。

そして、席へ着くと、なにやらカードらしきものが…

お二人へメッセージをお願いします、とだけスタッフはお声がけ^^

これが、後半戦に繋がるアイテムとなります!

いよいよ特別な日曜日が始まります…

さあ、準備は万端っ!いよいよお二人をお迎えしましょう。

颯爽と流れる音楽をバックに、司会から今日のテーマ・コンセプトを心地よくご紹介。

そして、映像がスタート…(実際の映像もご覧ください♪)

映像が終わるとスクリーンが上がり、お二人の登場です♪

まっすぐ会場へ進む道中、思わず新婦さんは嬉しさのあまり涙…

それだけ大切なゲストに囲まれ、暖かな祝福を迎えたこの瞬間は何事にも変えがたいことだったのでしょう。

そして、乾杯へ。

新たな“にちようび”がスタートしました!

ケーキセレモニーは大胆に!?

続いての進行はケーキセレモニー。

あーん!と大きなお口を開けて、ケーキをいただきます♪

まさにありのままのお二人でしたw

そして大切なご友人へそれぞれの想いを込めてサンクスバイト。

普段は言えない感謝の気持ちをケーキに乗せておすそ分け♪

「はい、あーん!」というお二人の声が聞こえてきそうなお写真ですね。

テーブルラウンドは“ありのままの2人”をわかってもらう場

皆様とのお写真撮影や歓談を楽しんで、今度はお二人がゲストのテーブルにご挨拶に。

ウェルカムアイテムだったマグカップを持って、テーブルラウンドに出かけます。

こんな感じでお写真をとりながら♪

ちょっと差し込みでのお話ですが、お写真にはお料理も映っていますね。

今回のスタイルはご親族も参加のスタイルでしたがテーブルシェアという形でお料理をテーブル内で分け合いながら召し上がっていただきました。

ゲストの目線も上がり、お料理も会話も楽しみながらお時間過ごせるので人気のスタイルですよ!

真っ白な色紙に何が描かれる??

会も後半戦…

ふとゲストテーブルを見るとみなさん色紙をお持ちですね。

日曜画家、というワードから似顔絵師を入れた早描きパフォーマンスでパーティー中にゲスト全員の“ありのまま”を描いてしまいました♪

お二人にもプレゼントして、演出は完成です!

(ブライダルアートが気になった方!!詳しくはこちらをクリック)

新郎から新婦へサプライズ

ここまで進行をしてきたのですが、新郎さんからはサプライズを新婦さんにしたい。

そんな相談を受けておりました。

 

ご友人もご協力の元、映像を作成し、新婦さんのゆかりのある土地に赴き、改めてこれまでの歩みを確認してきたのです。

映像が始まるといつの間にかいなくなった新郎さん。

スクリーン裏から改めて花束を持って登場♪

この映像と新郎さん姿を見て、既に胸がいっぱいのようですね!

普段は照れくさくて言えない「ありがとう」。

この場で花束と共にお伝えする瞬間です。

自分がありのままで入れるのはあなたのおかげです。

そんな想いがきちんとゲストに見届けられながらお伝えすることができました。

フィナーレを飾るのは、結婚の“承認式”

さて、笑いあり、涙ありで過ごしたパーティーもそろそろお開きの時間が近づいてきました。

その前に一旦仕切り直しをするべく中座というスタイルをとります。

新婦さんは弟さんへサプライズでエスコート役でお呼び出し。

一方、新郎は一人で中座、と打ち合わせしていましたが、いつも厳しくも優しくもあるお兄さんには事前了承を得て、逆サプライズを。

これは新婦さんからの計らいでした。

それはそれは、思わず涙ですよね。。

ゲストを会場内に併設のセレモニースペースにご案内。

ラストのセレモニー“承認式”へと移ります。

まずは甥っ子、姪っ子のエスコートで新郎からの入場。

そして、お父様も緊張の面持ちで、新婦さんと共に。

純白のドレスにベールでの入場にゲストも拍手でお出迎えです。

これから頼んだよ…

お父様からのお言葉と共に受け渡しの瞬間です。

続いて、これからを誓う“指輪の交換”。

大切な指輪は、甥っ子姪っ子に“リングボーイ&リングガール”としてお願いしました。

ありがとう!!

いつも接するような「ありのまま」のスタイルで指輪を受け取ります。

これまで色々な想いを共有してきた親御様には感謝の気持ちを込めて。

毎日欠かさず見ることのできるフォトフレーム時計と生まれた時のたくさんの幸せな想いを思い出してほしいと生まれた時の体重で作るウエイトベアを贈呈。

今までを振り返り、想いを伝えることができました。

 

…そしてラストセレモニーへ。

お二人の“ありのまま”をたくさん知ってもらって、

いつもとちょっと違う“特別”な日曜日を過ごしてきました。

 

しかし、まだお二人はゲストの皆様からの承認をいただいていません。

会を通じて完成した“ピース”が、皆様がお2人の結婚を認めた証となります。

1人1人の承認のピースは、テーブルの皆様で合わせて頂き、大きい承認の想いのこもったピースとなりました。

テーブルの代表の方に、ピースをお持ちいただき、パズルを完成させて頂きます。

ラストの1ピースはお二人に。

これからの誓い“ファーストプレゼンテーション”と共に…

これからどんな家族になりたいのか、これからどう目の前にいるゲストと繋がって行きたいのか…

宣言する瞬間でもあります。

ラストのピースがはまり、ボードが完成します。

会当日も見えていた、青い空と青い海!

そして、お2人はお気に入りの車に乗っている全景に!

 

(こちらは完成前の原画です)

お二人らしい、ありのままの宣言を拍手とともに“承認”頂けました!

この拍手はこの瞬間でないと出ない特別なもの。私たちはそう思います。

 

お二人退場後に、スクリーンにはサンクスメッセージを添えてお見送りとなりました。

笑顔も涙もたくさんあったパーティーですが、ありのままの2人が大切なゲストに承認され、この世で1日しか存在しない特別な日曜日となりました。

本当におめでとうございました!

 

当日のダイジェスト映像でライブ感もぜひお楽しみ下さい♪

~担当プロデューサー尾山より~

何から初めていいかわからない…ゼクシィ買ったけど見ても気乗りしない…

でも自分たちらしさを出せる結婚式がしたい。そんな想い一つで来てくれました。

打ち合わせする中で自分たちがやりたいなって思ったことをやっていいと道を一緒に探せたことがお互いにとってよかったんだろうな、と思います。

もちろんゲストのことを第一に考えながら、お二人それぞれお互いにサプライズ、また私にまでサプライズも頂き、ご準備も大変だったと思います。

この結婚式を通じて感じたこと、協力し合えたこと、当日過ごした1シーン1シーンは特別なものに違いありません!これからも胸に刻み、お幸せにお過ごし下さい!

このお二人のパーティー後の赤裸々なインタビュー動画はこちら


サポート実績2,000組以上のNEO FLAG.Weddingについて

ネオフラッグ ロゴ

私たちNEO FLAG.Weddingは全国を対象にオリジナルウェディングを総合的にプロデュースしている企業です。掲げるコンセプトは

未来に繋げる、繋がるWedding


もっとクリエイティブで、自由で、オリジナルな結婚パーティーを通じてご友人たちから「本当に結婚パーティー楽しかった!最高だった!」と言ってもらえるような、価値ある一日を是非私たちと一緒に目指しましょう。

東京、横浜、千葉、埼玉を中心に、約500会場からお二人にぴったりの会場をナビゲート。お二人のこと、ゲストのこと、色々なお話を重ねながら、専属のウェディングプランナーがサポートいたします。

オリジナルウェディングのパーティー実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

イメージ0でもオリジナルウェディングがまるっとわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン・TV電話)

NEO FLAG.wedding Promotion movie

NEO FLAG.wedding Digest movie

【インタビュー】流れ作業のような結婚式ならやりたくない!「キャンプや登山に行きたくなった!」というゲストの声続出のパーティーを終えてみて思うこと

【インタビュー】縁日をモチーフにしながらゲスト一人一人に感謝を伝えられた結婚式を終えてみて二人が思うこと

【インタビュー】特徴がなく平凡だと思っていた二人が、オリジナルウェディングを終えて思うこと

みんなで作り上げる結婚式にしたかった!プレ花嫁に向けた先輩カップルのアドバイス

自己負担金額の目安

プランナー

自己負担金の目安

また自己負担0円で会費制ウェディングができる!というようなプランのご用意もございません。
あくまで、会費制ウェディングの新郎新婦の平均的な自己負担額である50万円程度は、少なくともかかってくるものと想定して頂けるとよいでしょう。

NEO FLAG.Weddingのプロデュースの場合は、パーティーの内容にもよりますが多くは80万円~100万円程度の自己負担金となることが多いですがそれぞれのお客様に応じてプラン二ングしています。

祝儀制で実施される従来の結婚披露宴の一般的な自己負担額130万円と比べると、お二人にもゲストにも負担が少なく満足度の高いオリジナルの会費制ウェディングが実施できる点が人気の理由と言えるでしょう。
私たちが会費制ウェディングを開催するにあたってのどんな疑問も解決いたします!


オリジナルウェディングについてネオフラッグウェディングに問い合わせる

電話で問い合わせる

℡ 0120-935-857
(営業時間 10:00~19:00)※毎週水曜日は定休日

オリジナルウェディングの実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

オリジナルウェディングを成功させる秘訣が全てわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン)

 


  • 最近の記事

  • Instagram