CATEGORY:  お悩み解決 ・ ニュース ・ 
2020/05/14

【実例付き】失敗しないための5つの法則 オープニング映像初級編


結婚式で手作りアイテムといえば、映像を作る方って多いですよね。初めての作品を結婚式で巨大スクリーンで上映するこれは、失敗したくないですよね!

ということで今回は、“【実例付き】失敗しないための5つの法則 オープニング映像初級編”をお送りします。

初めてでも素敵なオープニングムービーが作れますよ!それでは、最後まで是非ご覧下さいね。


“YOU TUBEでも詳しく解説!【実例付き】失敗しないための5つの法則 オープニング映像初級編

オープニング映像って何だろう?

そもそも「映像」ってどんなものがあるの?

映像の種類は

・入場の前に上映するオープニングムービー

・中座中に上映するプロフールムービー

・退場後に上映するエンドロール

などがあります。

結婚式に列席すると、どれかしらには遭遇したことがあるでのではないでしょうか。

 

では一体、どんな効果があるのでしょう??

大きくは3つあります。

①パーティーのコンセプトや雰囲気をゲストに感じてもらえ、一体感を持ってパーティーをスタート出来る。

②いきなり入場するのではなく、映像によってパーティーの世界観に一気に引き込んでワクワクしてお2人をお迎え出来る。

③お酒も入っていないゲストは緊張していますので、その緊張をほぐすことが出来る。

でも、これは内容次第!つまらない内容や、お2人のラブラブ自己満足映像だけですと、ゲストのテンションは上がりません。

手作りの場合の5つの法則

そこで重要なのは、手作りの場合の法則です。しっかりと5つの法則を守って作成すれば、映像作成初心者でも素敵なオープニングムービーが作れます!

 

法則1 内容を作りこむ

コンセプトやどんなパーティーなのか分かる内容がおすすめ。ただ単に写真を流すのではなく、伝えたい想いが分かる内容にするのがポイントです。

法則2 会場に事前確認しておく

これは、プロジェクターのアスペクト比(縦横の比率)を確認してから作成しましょう。また、プロジェクターの大きさ次第で、文字の大きさも決めましょう。小さいスクリーンの場合、小さい文字はとても見えにくいので要注意です!文字は画面の8割の中に収めると文字切れが防げます。

法則3 作成時の注意

いきなり始まったりいきなり終わらないように、前後5秒はブラック画面で作成。目でちゃんと追える文字数いしたり、写真の表示の長さも考慮しましょう。オープニングムービーのトータル時間は1分~3分がベスト。(1曲で作成し、1番~2番の頭まで映像上映で、2番のサビから入場というのも格好いいです)

法則4 DVDへの焼き方

DVDDVD-RDVD-RWがありますが、Rは録画が一度切りの物で、RWは何度の上書き録画できるものです。ただ、RWはプロジェクターによって読み込めないものがあるので、DVD-Rに焼きましょう。その際に、DVDビデオ形式で焼いて、作成したPC以外の2つ以上のDVDの再生機器でも再生確認をしておきましょう。いくつも映像を作った場合は、1つの映像につき1枚のDVDにしましょう。(再生間違いを防ぐため)

法則5 時間に余裕を持って作成する

結婚式1週間前から作成しても、初めての事だらけでバタバタして間に合わない可能性があるので、1ヵ月くらいは余裕があると良いでしょう。作ってみて難しかったらプロに頼むのも一つの手です!

オープニング映像の実例♪

それでは、構成の参考になると思うのでプロが作ったオープニング映像の実例を見てみましょうか?


【オリジナルオープニング映像】Departure~みんなの想いをリュックに背負って

旅行をモチーフに作ったパーティーのオープニング映像です。
お2人それぞれの旅行に対するルーティーンや個性を出し、お2人を知れるパートを演出。

このお2人だと一緒に旅行に行く際は“現地集合”。家から空港に行くまでの手段からすでに違うという点を画面2分割で同時に進行するように表現しました。

空港のDepature“出発口”に着くと、そのまま飛行機に乗って、当日会場へ来るという設定にし、会場入り口まで入場の衣装でお二人は合流します。

このように当日のテーマ・コンセプトとリンクさせることでゲストはグッと引き寄せられこれからの時間を楽しめるようになります。

パーティーの続きが気になった方はぜひブログもご覧くださいね♪
▶︎下の画像をクリックするとブログにジャンプします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、【実例付き】失敗しないための5つの法則 オープニング映像初級編をお伝えしました。

あなたもこの5つの法則を守って、素敵なオープニング映像を作成してみて下さいね!

 


サポート実績2,000組以上のNEO FLAG.Weddingについて

ネオフラッグ ロゴ

私たちNEO FLAG.Weddingは全国を対象にオリジナルウェディングを総合的にプロデュースしている企業です。掲げるコンセプトは

未来に繋げる、繋がるWedding


もっとクリエイティブで、自由で、オリジナルな結婚パーティーを通じてご友人たちから「本当に結婚パーティー楽しかった!最高だった!」と言ってもらえるような、価値ある一日を是非私たちと一緒に目指しましょう。

東京、横浜、千葉、埼玉を中心に、約500会場からお二人にぴったりの会場をナビゲート。お二人のこと、ゲストのこと、色々なお話を重ねながら、専属のウェディングプランナーがサポートいたします。

オリジナルウェディングのパーティー実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

イメージ0でもオリジナルウェディングがまるっとわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン・TV電話)

NEO FLAG.wedding Promotion movie

NEO FLAG.wedding Digest movie

【インタビュー】流れ作業のような結婚式ならやりたくない!「キャンプや登山に行きたくなった!」というゲストの声続出のパーティーを終えてみて思うこと

【インタビュー】縁日をモチーフにしながらゲスト一人一人に感謝を伝えられた結婚式を終えてみて二人が思うこと

【インタビュー】特徴がなく平凡だと思っていた二人が、オリジナルウェディングを終えて思うこと

みんなで作り上げる結婚式にしたかった!プレ花嫁に向けた先輩カップルのアドバイス

自己負担金額の目安

プランナー

自己負担金の目安

また自己負担0円で会費制ウェディングができる!というようなプランのご用意もございません。
あくまで、会費制ウェディングの新郎新婦の平均的な自己負担額である50万円程度は、少なくともかかってくるものと想定して頂けるとよいでしょう。

NEO FLAG.Weddingのプロデュースの場合は、パーティーの内容にもよりますが多くは80万円~100万円程度の自己負担金となることが多いですがそれぞれのお客様に応じてプラン二ングしています。

祝儀制で実施される従来の結婚披露宴の一般的な自己負担額130万円と比べると、お二人にもゲストにも負担が少なく満足度の高いオリジナルの会費制ウェディングが実施できる点が人気の理由と言えるでしょう。
私たちが会費制ウェディングを開催するにあたってのどんな疑問も解決いたします!


オリジナルウェディングについてネオフラッグウェディングに問い合わせる

電話で問い合わせる

℡ 0120-935-857
(営業時間 10:00~19:00)※毎週水曜日は定休日

オリジナルウェディングの実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

オリジナルウェディングを成功させる秘訣が全てわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン)

 


  • 最近の記事

  • Instagram