CATEGORY:  お悩み解決 ・ ニュース ・ 
2020/04/26

知らないとマナー違反?!WEB招待状のメリット&デメリット


IT化やペーパーレス化が進み、どんどん便利になっていく世の中。

最近、結婚式や1.5次会の招待状も、紙ではなくWEB招待状を選ぶ方もいらっしゃいますよね。

でも、親族や会社の上司を呼ぶ結婚式でWEB招待状ってありなんでしょうか?
コストや手間は抑えられそうだけど、マナー的にはどうなんでしょうか?

まだまだ新しいスタイルだからこそ、しっかりポイントを知ったうえで検討したいですよね!

ということで今回は、知らないとマナー違反?!WEB招待状のメリット&デメリットについてお伝えします☆


ブログの内容がYouTubeで丸わかり!イマドキ結婚式の招待状はWEB?紙?プロのお勧めはどっち?

WEB招待状

NEO FLAG.WeddingでオススメしているWEB招待状は、“Weddingday”というサイト。
https://weddingday.jp/

デザインも豊富で操作もシンプルなので、慣れていない方でも簡単に作ることができます♪

それでは早速、WEB招待状のメリット&デメリットを見ていきましょう!

メリット

簡単に作れる

アカウントを作成してログインをしたら、あとは好きなデザインを選んでテンプレートに必要事項を入力するだけ!

写真をカスタマイズできる場合は、お二人の写真を入れたオリジナルの招待状にしたり、文章をオリジナルのものにアレンジできることも♪

簡単に送れる

WEB招待状が完成すると、URLが発行されます。
そのURLをメールやLINEでゲストにお送りするだけでOK!

ゲストの住所確認や宛名書き、郵便局へ行って切手を貼って…という手間が省けます。

ゲストが返信しやすい

結婚式の返信ハガキって、決まりごとがたくさんありますよね 😐
御出席の「御」を二重線で消して、その代わりに「喜んで」と「させていただきます」を書いて…

自分たちの結婚式ではそういった“しきたり”は無しにして、ゲストに手間をかけたくない…
そんな思いから、WEB招待状を選択される新郎新婦様も。

WEB招待状だとスマートフォンやパソコンから簡単に返信できますし、ゲストが返信ハガキを書いてポストに投函する手間もなくなりますよね♪

出欠管理が簡単

サイトによっては、ゲストからの出欠返信がそのままリスト化されるサービスも。

紙の招待状の場合は、返信ハガキが戻ってきたら出欠を確認して名簿を作成して…
そんな手間がかかりますが、WEB招待状だとボタン一つで名簿を出力することができます。

コストが安い

一番の魅力はこれではないでしょうか?

無料の専用サイトも多数ありますし、有料オプションを追加した場合でも、紙の招待状に比べれば低コストということがほとんどです。

事前決済ができるサービスもある

サイトによっては、クレジットカードなどによる事前決済ができる機能もあります。
会費制の1.5次会など、出席の返信と合わせて会費の支払いを済ませてもらうことも可能です。

当日の受付やお金の管理もラクになりますが、念のためプランナーさんには相談するようにしましょう♪

デメリット

システムに慣れていない、マナー的に気になる

やはりまだまだ新しいスタイル。
ゲストによっては慣れていないシステムに戸惑ってしまうことも。

また、カジュアルな印象が強いツールなので、年配の方や目上のゲストには「失礼」と思われてしまう可能性もあります。

その場合は紙とWEBとを併用し、ゲストごとに送り分けをしても良いかもしれませんね♪

ゲストが受ける印象

最近は1.5次会でも少しずつ使われるようになってきたものの、まだまだ二次会のイメージが強いのがこの“WEB招待状”。

ゲストが二次会のように軽く捉えてしまって、返信をし忘れたり、出席率が下がる可能性もあります。

手元に残らない

紙の招待状であれば手元に残るので、お二人やゲストにとっても良い思い出になりますよね。

WEB招待状は期間が過ぎると見られなくなってしまうので、形として残すことは難しいです 😥

送れない相手もいる

ゲストの中にはスマートフォンやパソコンを使っておらず、WEBにアクセスできない方もいらっしゃるかもしれません。

WEBへのアクセスが難しい方がいらっしゃりそうな場合は、あらかじめ確認しておくようにしましょう!

手数料がかかることも

サイトによっては、ゲストがクレジットカード決済を選択した場合、手数料がかかる場合もあるので要チェック。

出来る限り節約したい!という新郎新婦様には思わぬ出費になってしまうので、押さえておきたいポイントですね☆

紙の招待状

続いて、通常の紙の招待状はどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

基本的にはWEB招待状のメリット・デメリットが逆になる形ですが、詳しく見ていきましょう♪

メリット:パーティーの期待感UP、手元に残るアイテムに

完全オリジナルで作ることができて、お二人とゲストの手元にも残すことができます。

受け取った時の期待感を高められるようなものだと、ゲストの出席率もUP!
「こんなパーティーだったら参加したい!」というようなワクワク感を与えてくれます♪

また、形として残るので、ゲストの記憶に残るパーティーに繋がるアイテムにもなります。
「そういえばあの二人の結婚式、素敵だったな」とゲストに思い出していただけたら、お二人にとっても嬉しいですよね 😀

デメリット:コストや手間がかかる

やはり紙である分、印刷代や郵送費用などWEBよりもコストがかかってしまいます。

また、ゲストが返信ハガキを送る手間や、お二人の手間もかかるので、発送日直前にバタバタしてしまう新郎新婦様も。
プランナーさんと段取りを確認して、ミスのないようにしっかり進めていきましょう♪

WEBと紙のMIX


実は、WEBと紙をミックスした招待の方法もあるんです。

WEB招待状で事前に出欠を確認→出席確定のゲストへ招待状をお送りという流れで、WEBと紙の良いとこどりをした方法です♪

メリット:サプライズ感があり、コストも比較的抑えられる

紙の招待状のメリットと同様、ゲストのワクワク感を高めてくれるものになります。
WEB招待状で既に回答している分、特別感やサプライズ感をゲストに感じてもらえるということも大きなメリット☆

参加者が確定しているのでお二人の手間も少なくなり、返信ハガキ分のコストも抑えられますね♪
ゲストにとっても返信ハガキを書いて投函する必要が無いので、負担がなくなります。

また、招待状の仕様によってはパーティー当日に使うアイテムとして活用できることも。

まさに一石二鳥な招待状です♡

デメリット:WEB招待状のみに比べると手間・コストがかかる

WEB招待状と紙の招待状、二つの準備が必要になるので、WEB招待状のみよりはお二人の手間がかかります。

また、紙の招待状のみよりは値段が抑えられますが、WEB招待状のみに比べると印刷代・郵送費用などでコストがかかってしまうのもデメリットの一つです。

NEO FLAG.Weddingのオススメは?

ずばり、紙の招待状です!

NEO FLAG.Weddingでは、プロデューサーとペーパークリエイターと一緒に、0からオリジナルの招待状を作っています。

ゲストのことを考えながら、お二人と一緒にアイデアを出して作っていくのですが、この打ち合わせも夫婦としての絆が深まる、価値のある時間です。

また、招待状は単なる出欠確認ではなく、パーティーの重要アイテムだと捉えています。
ゲストが招待状を受け取った時から、パーティーがスタートすると言っても過言ではありません!

だからこそ、受け取った瞬間に思わずワクワクするような、パーティーが待ち遠しくなってしまうような招待状を、一組一組オリジナルで作っています。

実際にオリジナルの招待状をお送りした後のお二人にゲストの反応を聞くと、「この招待状なに?!」「こんなの初めて!結婚式すごく楽しみ!」などというメッセージが続々と来たという嬉しいお声も多いんです 😀

WEBよりもコストがかかるというデメリットはありますが、NEO FLAG.Weddingとしては、紙の招待状にはコスト以上の価値があると考えています♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、結婚式のWEB招待状についてお伝えしました。

それぞれメリットもあればデメリットもありますので、どんな招待方法がベストかお二人で話し合って決めるようにしましょう♪

また、ご親族がいらっしゃるパーティーの場合は、親御様にもしっかりご相談することが重要です 💡

ぜひ、お二人にとってもゲストにとっても、素敵な招待状にしてくださいね♡


サポート実績2,000組以上のNEO FLAG.Weddingについて

ネオフラッグ ロゴ

私たちNEO FLAG.Weddingは全国を対象にオリジナルウェディングを総合的にプロデュースしている企業です。掲げるコンセプトは

未来に繋げる、繋がるWedding


もっとクリエイティブで、自由で、オリジナルな結婚パーティーを通じてご友人たちから「本当に結婚パーティー楽しかった!最高だった!」と言ってもらえるような、価値ある一日を是非私たちと一緒に目指しましょう。

東京、横浜、千葉、埼玉を中心に、約500会場からお二人にぴったりの会場をナビゲート。お二人のこと、ゲストのこと、色々なお話を重ねながら、専属のウェディングプランナーがサポートいたします。

オリジナルウェディングのパーティー実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

イメージ0でもオリジナルウェディングがまるっとわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン・TV電話)

NEO FLAG.wedding Promotion movie

NEO FLAG.wedding Digest movie

【インタビュー】流れ作業のような結婚式ならやりたくない!「キャンプや登山に行きたくなった!」というゲストの声続出のパーティーを終えてみて思うこと

【インタビュー】縁日をモチーフにしながらゲスト一人一人に感謝を伝えられた結婚式を終えてみて二人が思うこと

【インタビュー】特徴がなく平凡だと思っていた二人が、オリジナルウェディングを終えて思うこと

みんなで作り上げる結婚式にしたかった!プレ花嫁に向けた先輩カップルのアドバイス

自己負担金額の目安

自己負担金の目安

また自己負担0円で会費制ウェディングができる!というようなプランのご用意もございません。
あくまで、会費制ウェディングの新郎新婦の平均的な自己負担額である50万円程度は、少なくともかかってくるものと想定して頂けるとよいでしょう。

NEO FLAG.Weddingのプロデュースの場合は、パーティーの内容にもよりますが多くは80万円~100万円程度の自己負担金となることが多いですがそれぞれのお客様に応じてプラン二ングしています。

祝儀制で実施される従来の結婚披露宴の一般的な自己負担額130万円と比べると、お二人にもゲストにも負担が少なく満足度の高いオリジナルの会費制ウェディングが実施できる点が人気の理由と言えるでしょう。
私たちが会費制ウェディングを開催するにあたってのどんな疑問も解決いたします!


オリジナルウェディングについてネオフラッグウェディングに問い合わせる

電話で問い合わせる

℡ 0120-935-857
(営業時間 10:00~19:00)※毎週水曜日は定休日

オリジナルウェディングの実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

オリジナルウェディングを成功させる秘訣が全てわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン)

 


  • 最近の記事

  • Instagram