CATEGORY:  1.5次会/結婚パーティ ・ ニュース ・ 
2020/03/21

【パーティーレポート】本が1冊出来上がってしまう結婚パーティー!? on the mark-みんなで作る1ページ-


このブログをご覧頂いている皆様は、思い出たちを写真アルバムにしたご経験はあるでしょうか?

手軽に写真があればオンラインなどでも作成できる手軽なサービスになりましたよね。

事あるごとに振り返り、あの時が懐かしいね!なんて言い合えるのはこの先も無くならない“体験”なのかな、とも思います。

今回ご紹介するのは、「お二人の今までとこれからを1冊の本に封じ込める」ということをテーマに、新たな思い出の1ページを刻む“海外挙式後のアフターウェディングパーティーのレポートブログです。

(当日のダイジェストムービーはこちら)

\ハワイ挙式後お披露目パーティー/on the mark-みんなで作る1ページ-

ご紹介するのはこんなお二人

お二人がお付き合いしてから1年毎に毎年作るアルバムがあることが、お打ち合わせの中のヒアリングでわかりました。

歩んできた軌跡は、なんとすでに6冊に。パーティー開催年の“2019年版”の大切な1ページを結婚式当日に刻みたい!ということで、ハワイ・プルメリアガーデンにて挙式のご報告とともに、大切な皆様と過ごす、感謝を伝える準備ができたという想いを【on the mark】という単語に乗せて届けます。

これからの夫婦としての「出発」を大切な思い出として「記録」し、離れていても繋がっている、という想いを込めて封じ込める。

 

ということで、コンセプトは…

“on the mark-みんなで作る1ページ-”

としました。

みんなで作る新たな1ページの始まりです!

当日のコーディネートは“シャビーシック”に

当日の空間コーディネートは、空間全体に生花とアートグリーンをミックスしたシャビーシックな古めかしくも上品さがある感じとゲストとの距離が近いスタイルを表現。

ゲストテーブルにはアンティークな本をアレンジボックスにした装飾。

そして、本から連想させるmarkといえばブックマーカー風の席札でお出迎え。

招待状はオリジナルの当日連動アイテムに

招待状は、当日の演出と連動する形でお作りしました。

半分はミシン目加工でセパレートできるタイプに。その半分のスペースに受付後チェキを撮影頂き、貼ったり、メッセージを書いて工作しながらお待ち頂きます。

お二人のバックストーリーにもある、“アルバム”たちも自由に見てもらえるように。

それでは、お二人をお迎えしましょう

さあ、会場の雰囲気も温まったところで、いよいよお二人のご入場です!

と、その前にハワイでの挙式の様子をアレンジしたオープニング映像の上映をして目線合わせを。

ご参列できなかったゲストにもお披露目、という形でご報告ができたところで会場後方からお二人がお目見えです。

皆様を前にまだまだ緊張なご様子でしょうか。笑

でも、ウェルカムスピーチが終わる頃にはこの笑顔です。

そして乾杯を経て、お食事もスタートして参りますよ!

ご紹介遅くなりましたが、今回の会場は青山にある“青山レセプション”

ビルの 14Fに位置し、都内でも珍しいビューも楽しめる会場です。

上質な空間とお料理が織りなすハーモニーにNEO FLAG. Weddingがお届けする進行でコンセプトを表現していきます。

最初の演出は“ファーストページセレモニー”

お食事も進み、今回のコンセプトを表現する演出、“ファーストページセレモニー”へ。

各テーブルにはパズルのピースが置かれ、この先のフィナーレ演出にも繋がる1冊の空っぽの本の1ページ目を作るというもの。

各テーブルからピースが集まり、ラスト2ピースはお二人ではめてもらうと…

ジャーン!という声が聞こえてきそうですが、皆様のご協力のもと1ページ目が完成。

実は今日参加ゲストを登場人物に見立てたキャスト表仕様に。

これで、会を後半に進める準備ができました♪そのままお二人はお色直しへ。

それぞれ大切なご友人と一緒にその道を進んでいきます。いってらしゃ〜い!

この勢いで、さぁ後半戦へ!

メインディッシュも召し上がりながら、お二人の新たな装いを楽しみにお待ち頂いていると…

おや、ジャケットに身を包んだ、新郎さんが一人で入場してきましたね。

そして会場の窓側から新婦さんも衣装を変えて登場。

新郎さんにお迎え頂いて、皆様へ装い新たなお姿をお披露目です。

そして、お二人とゲストの軌跡を刻んだヒストリー映像をみんなで見ながら思い出に浸る時間を挟みます。

懐かしいお写真などには、ゲストの皆様も思わず笑顔に♫

そして皆様のテーブルにお二人がご挨拶へ向かいます。

何やら配布物があるようですね!?

実は各テーブルのゲストとの思い出のお写真をアルバムにしたものを1人1人に配布。

 

先ほどの映像では出せないような(!?)写真やエピソードをアルバム冊子にしてプレゼントする演出は、打ち合わせが始まる前からずーっと温めてきたゲストの為の企画でした。

そして、各卓にミニバルーンの入った透明なバルーンを置いて、その後はお写真撮影★

全テーブルに行き渡ったところで、それぞれ代表の方1名にこのバルーンをスパークしていただきます。

それではまいります!

3、2、1…どうぞ!

バルーンの中にはなんと、可愛らしいミニバルーンがたくさん♫お二人からの幸せのおすそ分けです!

そのミニバルーンをしっかり皆様にキャッチしていただいたところで…

 

当たりのバルーンを発表♪

当たりのバルーンを見事キャッチした方には、お二人からプレゼントを贈呈しました☆

フィナーレを飾るのは、結婚の“承認式”

楽しいイベントで時間を過ごしながらデザートタイム。そしてフィナーレが近づいてきました。

ゲストの皆様は併設する、すぐお隣のテラスにあるセレモニースペースへご移動してもらいます。

これからどんな演出が待っているのでしょうか。後方からお二人、改めての入場です。

…さて、ここからがNEO FLAG.Weddingの真骨頂。

 

ハワイで挙式を挙げ、誓いを立ててきた二人ですが、2019年という1年の締めくくりにあたり1冊の本を仕上げないといけません。

お二人のことをたくさん知ってもらって、両家の家族同士、そしてゲストの皆様とのこれまでを思い出しながら刻んできたパーティーですが、まだお二人はゲストの皆様からの承認をいただいていません。

その承認の証として、ゲストの皆様に受付で工作して頂いた思い思いの各ページ。このページをお一人づつ、お二人の元へと渡していただきます。

大切な皆様から1ページ、1ページと今まで支えてくれた家族、そしてこれからもお世話になるご友人の顔を見ながら新郎新婦の二人は受け取っていきます。

思いの詰まったページはなんと、60ページにもなりました。

そのページたちを承認の証として、封じ込めます。

これからお二人が真の夫婦として“出発”する準備(=on the mark)がこれで完成しました。

離れていても、どこかで繋がっている、これからもそう感じられるゲストの絆が詰まった思い出の本が出来上がりです!

そして、ゲストからの承認と祝福を経て、新たな1ページを切り開くべくお二人は未来へ進みます。

本当におめでとうございました!

お見送りも終わり、めでたくお開き、となるところなのですが、今回はご親族に向けては特に進行上では感謝を伝える場面を設定しませんでした。

でも、親御様初め、ご親族の皆様には多大な感謝があるお二人。

会場に戻ると親族だけはスクリーン前にお座りいただき、何やらもうひとセレモニーの様子です…

そう。特別な感謝ムービーです。

お二人それぞれ、親族には特別な想いがあり、しっかり伝えたいということからパーティーのお開き後にあえて、このような形で想いを映像で伝え、言葉とお花で締めくくる演出をご用意いたしました。

   

見ている私たちスタッフも思わず号泣してしまう、感動的なシーンでした。

そしてそして…実は…

最後の最後にこんな仕掛けを担当プロデューサーの私、尾山に対してサプライズでお二人から頂いてしまいました。゚(゚´Д`゚)゚。

(まさかのありえないサプライズを受けた瞬間の動画はこちら↓)

\プランナーへの涙のサプライズ/結婚式終了後に新郎新婦が仕掛けた〇〇

お出会いしてから約1年半…

濃密な打ち合わせでの出来事などをお二人が記録してくれていました。

全てのエピソードが鮮明に蘇り、共に過ごしてきた時間がどれだけ貴重なものだったかを振り返ることができ、私も思わず涙なしには見れませんでした…(*´-`)

本当におめでとうございました!そしてありがとございました!

~担当プロデューサー尾山より~

お二人とは本当にたくさん打ち合わせをしてきましたね。正直開催自体も検討する・しないとなったこともあったり、いろんな想いを互いにぶつけあったことは今では良き思い出です。まさかラストのラストにあんなサプライズまでされてしまうと感情は崩壊してしまいます。笑

深いお付き合いができたからこそ、当日の細かい演出にもこだわることができましたし、何より新たな1ページを共に築けたことは私たちも誇りに思います!!!

お二人なら何があっても、きっと大丈夫。また新たなアルバムができたらお会いしましょう♪


サポート実績2,000組以上のNEO FLAG.Weddingについて

ネオフラッグ ロゴ

私たちNEO FLAG.Weddingは全国を対象にオリジナルウェディングを総合的にプロデュースしている企業です。掲げるコンセプトは

未来に繋げる、繋がるWedding


もっとクリエイティブで、自由で、オリジナルな結婚パーティーを通じてご友人たちから「本当に結婚パーティー楽しかった!最高だった!」と言ってもらえるような、価値ある一日を是非私たちと一緒に目指しましょう。

東京、横浜、千葉、埼玉を中心に、約500会場からお二人にぴったりの会場をナビゲート。お二人のこと、ゲストのこと、色々なお話を重ねながら、専属のウェディングプランナーがサポートいたします。

オリジナルウェディングのパーティー実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

イメージ0でもオリジナルウェディングがまるっとわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン・TV電話)

NEO FLAG.wedding Promotion movie

NEO FLAG.wedding Digest movie

【インタビュー】流れ作業のような結婚式ならやりたくない!「キャンプや登山に行きたくなった!」というゲストの声続出のパーティーを終えてみて思うこと

【インタビュー】縁日をモチーフにしながらゲスト一人一人に感謝を伝えられた結婚式を終えてみて二人が思うこと

【インタビュー】特徴がなく平凡だと思っていた二人が、オリジナルウェディングを終えて思うこと

みんなで作り上げる結婚式にしたかった!プレ花嫁に向けた先輩カップルのアドバイス

自己負担金額の目安

プランナー

自己負担金の目安

また自己負担0円で会費制ウェディングができる!というようなプランのご用意もございません。
あくまで、会費制ウェディングの新郎新婦の平均的な自己負担額である50万円程度は、少なくともかかってくるものと想定して頂けるとよいでしょう。

NEO FLAG.Weddingのプロデュースの場合は、パーティーの内容にもよりますが多くは80万円~100万円程度の自己負担金となることが多いですがそれぞれのお客様に応じてプラン二ングしています。

祝儀制で実施される従来の結婚披露宴の一般的な自己負担額130万円と比べると、お二人にもゲストにも負担が少なく満足度の高いオリジナルの会費制ウェディングが実施できる点が人気の理由と言えるでしょう。
私たちが会費制ウェディングを開催するにあたってのどんな疑問も解決いたします!


オリジナルウェディングについてネオフラッグウェディングに問い合わせる

電話で問い合わせる

℡ 0120-935-857
(営業時間 10:00~19:00)※毎週水曜日は定休日

オリジナルウェディングの実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

オリジナルウェディングを成功させる秘訣が全てわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン)

 


  • 最近の記事

  • Instagram