CATEGORY:  1.5次会/結婚パーティ ・ ニュース ・ ムービー ・ 
2020/01/18

【パーティーレポート】Binding-カゾクとナカマのゲレンデにて-


クリスマス・お正月が終わり、ゲレンデソングが待ち遠しくなる、そんな季節になりました。
ウィンタースポーツに一度はハマったことはありませんか??

私は学生の頃は毎シーズン、夜行バスでゲレンデに行ってスノーボードをしていた思い出があります。と言っても、一丁前にウェアは自前でも、木の葉滑りから脱出することはできませんでしたが…笑

さて、今回ご紹介するパーティーは、お二人の出会いと仲間を取り巻く環境=スノーボードをテーマに、お二人とゲストの絆が更に深まるような結婚お披露目パーティーです。

 

ご紹介するのはこんなお二人

新郎は携帯電話を法人用に設定したり、携帯修理を請け負う業務をされています。
趣味はスノーボード、釣り、そしてバイクともっぱらのアウトドア派。

新婦は主に病院や看護施設をまわり、人材派遣先を開拓するお仕事をされています。
趣味はスノーボードにキャンプと、偶然にもアウトドア派。

そんなお二人は、“スノーボード”を通じ、同じゲレンデで過ごしていたにも関わらず、お互いの存在を知るものの異性としては見ることはなかった二人が共通の友人を介して徐々に距離を縮め、遠距離恋愛も楽しみながら結婚への道へと進みます。

タイトルにもある「binding」

スノーボードにシューズをしっかり固定する装置をビンディングと言いますが、こちらもこのバインディングが語源のアイテムと言われています。

また、ビンディングという単語には“結びつける、繋ぎ合わせる”の意味をもち、ビンディングの様に皆様との絆をこのパーティーでさらにしっかりと結びつけていきたい!

共通アイコン=スノーボードのボードは二人とゲストを新たな絆で結びつけ、未来へと繋がるアイテムにしたい。

また、ゲレンデでの「友達の友達はみんな友達」という雪山仲間の共通認識をこの会場内で作り上げたい!
そんな思いを持って準備を進めてきた2人です。

そんなお二人の想いから、コンセプトタイトルは…

“Binding-カゾクとナカマのゲレンデにて-”

としました。

ゲストの方同士、お知り合いもそうでない人も、スノボ好きもそうでない人も、今日ここは「なかまとカゾクのゲレンデ」です!

「友達の友達はみんな友達」を合言葉に会場の皆様全員で一つのパーティーを作り上げます。

そして、二人は真の夫婦として地に足つけて、お互いに尊重し合いながら、やりたいことを続け、真っ白な未来へシュプールを描きます。

会場はもちろん、白を基調とした会場、東京の蔵前のシエロイリオにて決定♪

お待たせしました。いよいよ、パーティーのスタートです!

受付中こそ、会の成功を握るポイント!?

ちょっと大げさな言い方でしたかね。。^^;

が、しかし!私たちは日本人なんです!欧米のようにコングラッチュレーション🎉と騒ぐことはシラフでできない人も多いでしょう。

だからこそ、騒いでいいんだ!、笑っていいんだ!、今日は今までの結婚式とは違うぞ!?

といかに受付段階で思ってもらえるかがポイントだったりもします。

私たちもテーマやコンセプトに合わせて運営メンバーの衣装を合わせることがありますが今回はそのまま滑れるくらいの格好で統一しました(笑)

受付スタッフもその一例です。

そしてお二人も、ウェアで“お出迎え”します。

このような仕掛けもゲストもお二人もリラックスできて、過ごしやすい空間が作れますね。

続いてまるでゲレンデに来たかのような雰囲気を味わってもらいます。

「友達の友達はみんな友達」というキーワードからリフト券をイメージした名札を用意。

ニックネームで呼び合えるように工夫をし、コミュニケーションを促します。

お二人の紹介や、ゲストそれぞれを紹介を掲載したオリジナルプロフィールブック。

お二人のこだわりの趣味のアイテムやゲストとの相関図など、受付中の時間を使って見ながら会話が膨らんでいきます。

お二人とゲストを繋ぐ“ボード”にも祝福のメッセージが書き込まれて行きます。✒️

いよいよ開宴ですっ!

オープニングは映像からスタート。

イメージはリフトに乗って山の頂上へお連れするような形で、この後は楽しみながら一緒に滑っていこう!

という思いを伝えれるものに。リフトを上がりきったところでお二人を会場内へ迎え入れます。

メインテーブルに進み、乾杯へと進みます。

新郎さんの青春時代を共にしたご友人でしたが、さらに和み、愉快な乾杯でした(´∀`=)

乾杯後には写真ラッシュ!

やはり関係性が物語るように、実に皆様の距離が近い!

一気に宴モードに切り替わりました〜🤗

私たち、ケーキカットとかのタイプじゃ無いと思います…

打ち合わせ時からそんなお話をしていました。

何かゲレンデっぽい演出ができたら、と思いこんなものをご用意!

ワゴンに乗せられ、やってきたのはなんと

“鯛の塩釜”

大きな真鯛を塩で覆い、焼き上げてもらいました。

物珍しい演出にゲストも自然と集まり、カメラに納めます。

これを“よいしょ、よいしょ、よいしょー♪”の掛け声でパッカーンと開きます。

見事に開きました!お子様たちも中がどうなっているのか、気になりますね〜(・・?)😮

実は、進行と並行して、真っ白なキャンバスに自身の似顔絵をその場で描いてもらうブライダルアートも♪

(ブライダルアートについて詳しくはこちらをクリック)

会が進むにつれて、うりふたつの顔が倍増してさらに盛り上がりは加速します。

イベントは参加型のスピーチで♪

たくさんのお友達が集まれば、これまでに過ごした時間もそれぞれ違うはず。

そんな発想から、招待状にはエピソードトーク記入欄を用意し、当日受付ではフライヤー型の招待状をそのまま持参いただき、もぎった半券を抽選で使用。

 

この下半分のエピソード記入券にはゲストからユニークなコメントがたくさん。

さて、どれを選びましょうか。。。腕が鳴りますψ(`∇´)ψ

進行を見ながら、各ゲストカテゴリーからエピソードをいただき、お二人との関係性や他のゲストが知らないような人となりも聞くことができ、よりお二人への理解も深まっていきました。

それ喋る??😵なんていう声が聞こえてきそうな写真ですね。笑

デザートも演出に!?

あっという間に、後半戦も佳境です。

お子様や女性も多い当パーティーでしたが、甘いものもお時間的に欲しくなるタイミング。

会場後方にはゲレンデを表現した真っ白な長〜いロールケーキや彩りを添えるスイーツを用意♪

お二人からサーブする形で自由にゲストも動ける進行を。

大好評のスイーツブッフェの時間を過ごし、お二人はスーッと会場から姿を消します…

フィナーレを飾るのは、結婚の“承認式”

デザートタイムを楽しむゲストの気になる視線はメインテーブル。

お二人がいませんね。。。

そして、おもむろにこんな映像が…

何かを作っているようですね…わかりますか??

そう、結婚指輪なんです!

実はお二人、今日の日のために指輪を手作りしていました。

ちゃんとそれぞれの誕生石もあしらった人とは違う“オリジナル”な指輪となっています。

そしてお二人を改めてお迎えします。

フィナーレまで封印していた“ドレス・タキシード”姿にゲストの皆様からは歓声、そして何よりお二人もこの姿をお披露目できたことに、安堵の表情ですね。

このオリジナルの指輪をゲスト全員の手元を通して届ける“リングリレー”。

普段は個人で滑るスノーボードではなく、みんなで同じゲレンデで過ごす、ということを表現できれば、というところから連動させた演出です。

お子様ゲストに代表して取りに来てもらい、新郎側・新婦側で一斉にスタートです!

そしてラストに受け取ったテーブルの代表者からお二人に指輪が渡されます💍

そして、緊張の中、笑顔を覗かせながらそれぞれの指輪を交換。

そして、披露することができました!

ここでお二人のことをもう少しだけ…

 

お付き合いを始めた2人は新婦さんの大阪転勤に伴う遠距離恋愛も乗り越え、ゴールインいたします。

そのきっかけは、新婦さんからの逆プロポーズ!
クリスマスにレストランでの食事の際、ラストに出てきたのは「結婚してください!」と書かれた新郎さんへのメッセージ入りのデザートでした。
驚きすぎた新郎さんは、すぐに答えが出せなかったものの、数日後「こちらもお願いします」の言葉と共に気持ちを伝えたそうです。

その時にガッチリ交わした握手が、夫婦となる第一歩となりました。

これからは、お互い尊重し合いながら、やりたいことをやり続ける!そんな夫婦になりたい、と私たちに教えて頂きました。

続けて、「友達が多くて友達思い」そして、お二人の思い出の中にも、いつも居てくださる存在のご友人代表からパーティー中を通じて完成したボードを受け取ります。

ゲストの皆様から頂いた、それぞれのメッセージを噛み締めながらお二人はこれから歩みを進める為に、ボードへ誓いの言葉を入れます。

そして、その想いを言葉で皆様に伝えます。

MCがお二人の気持ちを代弁し、語りかけます。

お二人のことを改めてたくさん知ってもらいながらゲレンデを駆け抜けて参りましたがまだお二人はゲストの皆様からの承認をいただいていません。

こちらの会場には、二人の人生にとって、大切な方ばかりが集まってくださっています。

ここにいる誰一人欠けても、今の二人は居ないほど大切なゲストの方ばかりです。

そんな皆様に、先ほど2人の誓いの言葉を聞いていただいた上で、お二人を真の夫婦として認めてくださるようでしたら、この結婚の承認をいただきたいと思います。

これからお二人には、皆様の想いの詰まったここだけのオリジナルのボードを、掲げていただきます!

それに合わせて、ゲストの皆様は、結婚の承認の思いを込め、本日一番の拍手をお願いいたします!

掲げたボードに皆様からの承認の拍手と祝福のお言葉が乗り、お二人は晴れてカップルから真の夫婦となりました。

退場シーンも雪のシャワーで、ゲストの皆様の間をぬって駆け抜けて行きます。

お二人の笑顔がとても印象的なシーンとなりました♪

  

本当におめでとうございました!

*当日のダイジェストムービーはこちら*

~担当プロデューサー尾山より~

初めてのお出会い時からずっとワクワクしながら準備を進めてくださっていましたね。
とにかくお友達中心で自分たちはどうでもいいんです、というそのスタンスから、
人と違うことってなんだろう、自分たちらしいことってなんだろう…を形にする工程は
とても楽しかったですね!

私個人的には新郎さんが当日誰よりも一番楽しそうに会場内で過ごされていたこと、
これが1番目に焼き付いています。

今後も真の夫婦として地に足つけて、お互い尊重し合いながら、やりたいことをやり続ける!
という夫婦像をかっこよく続けてください!ビンディングで繋がったお二人とゲストの絆は
永遠です!事あるごとにボードを見返してください。

そしてこれからも私をスノーボードに連れてって!(笑)と友達みたいに言える関係で
ありたいですね!おめでとうございました!!!


サポート実績2,000組以上のNEO FLAG.Weddingについて

ネオフラッグ ロゴ

私たちNEO FLAG.Weddingは関東圏を中心にオリジナルウェディングを総合的にプロデュースしている企業です。掲げるコンセプトは

未来に繋げる、繋がるWedding


もっとクリエイティブで、自由で、オリジナルな結婚パーティーを通じてご友人たちから「本当に結婚パーティー楽しかった!最高だった!」と言ってもらえるような、価値ある一日を是非私たちと一緒に目指しましょう。

東京、横浜、千葉、埼玉を中心に、約500会場からお二人にぴったりの会場をナビゲート。お二人のこと、ゲストのこと、色々なお話を重ねながら、専属のウェディングプランナーがサポートいたします。

オリジナルウェディングのパーティー実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

イメージ0でもオリジナルウェディングがまるっとわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン)

NEO FLAG.wedding Promotion movie

NEO FLAG.wedding Digest movie

【インタビュー】流れ作業のような結婚式ならやりたくない!「キャンプや登山に行きたくなった!」というゲストの声続出のパーティーを終えてみて思うこと

【インタビュー】縁日をモチーフにしながらゲスト一人一人に感謝を伝えられた結婚式を終えてみて二人が思うこと

【インタビュー】特徴がなく平凡だと思っていた二人が、オリジナルウェディングを終えて思うこと

【インタビュー】友達に自慢できるような、納得のいく結婚式1.5次会の作り方

【インタビューやりたくなかった新郎が結婚式1.5次会を開いて思うこと

自己負担金額の目安

プランナー

自己負担金の目安

また自己負担0円で会費制ウェディングができる!というようなプランのご用意もございません。
あくまで、会費制ウェディングの新郎新婦の平均的な自己負担額である50万円程度は、少なくともかかってくるものと想定して頂けるとよいでしょう。

NEO FLAG.Weddingのプロデュースの場合は、パーティーの内容にもよりますが多くは80万円~100万円程度の自己負担金となることが多いですがそれぞれのお客様に応じてプラン二ングしています。

祝儀制で実施される従来の結婚披露宴の一般的な自己負担額130万円と比べると、お二人にもゲストにも負担が少なく満足度の高いオリジナルの会費制ウェディングが実施できる点が人気の理由と言えるでしょう。
私たちが会費制ウェディングを開催するにあたってのどんな疑問も解決いたします!


オリジナルウェディングについてネオフラッグウェディングに問い合わせる

電話で問い合わせる

℡ 0120-935-857
(営業時間 10:00~19:00)※毎週水曜日は定休日

オリジナルウェディングの実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

オリジナルウェディングを成功させる秘訣が全てわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン)


  • 最近の記事

  • Instagram

    Something is wrong.
    Instagram token error.
    Load More