CATEGORY:  1.5次会/結婚パーティ ・ ニュース ・ ムービー ・ 
2018/10/08

ゲストからも大絶賛のオリジナルウェディングレポ!【OHANA-家族になる瞬間-】


新たな家族が誕生する瞬間がこのパーティーにはありました。

このパーティーは横浜・日本大通りにあるセントラファエロチャペル横浜~ティアーズアンドラフターズで行われた、ご親族と大切なご友人を招いたオリジナル結婚パーティーのレポートです。

ご紹介するのはこんなお二人

ご新郎は鹿児島出身で、サッカーで青春時代を過ごしたとても明るく、しっかり者。専門学校時代に上京し、美容師の世界へ。これからは自分の店を持ち鹿児島で新生活を迎えるというとても大切な時期でした。

ご新婦は神奈川県横浜市出身で、ほんわかした、とてもおしゃれでお花がとっても好き。専門学校卒業後、美容師の世界へ。ヘアメイク・アイリストとしてお店で新郎を支えていくというポジションです。

二人の出会いは同じ美容室

さて、そんなお二人は2014年春に同じ美容室の店長と新卒社員として出会い、ご新婦の一目惚れから一途な恋は始まったそうです。

ご新婦のお花好きを知った新郎さんは、付き合ってまもないタイミングでの伊豆高原にある花の森クラリスへのサプライズ1泊旅行を決行。

どこに行くかも分からないまま行ったその先に広がる光景は、二人の一生の宝物となりました。

そして2016年夏。

鎌倉の花火大会でプロポーズ。新婦さんからお誘いをして大好きな花火大会を鑑賞。

新郎さんから「結婚するか・・・」の言葉に新婦さんは思わず号泣し、歓喜の瞬間に花火が祝福するという大切な1日になりました。  そんな素適なエピソードをお持ちの二人でした。

NEO FLAG.Weddingとの出会い

私たちNEO FLAG.Weddingとのお出会いは、美容室を立ち上げるために鹿児島で準備を進めていらっしゃった時。

お二人のお店である “Hairsalon pauhana”  は、ハワイ語で

\アフター5、仕事が終わった後に遊びに行こうよ/

という意味だそうで、お店に来た方が、どこかへお出掛けしたいと思える美容室作りを、という思いから名付けられたそうです。

結婚式は新郎さんの計らいもあり、新婦さんの出身地横浜で開催できたら。。。という想いをお持ちでした。

お会いするまではメールや電話ですり合わせをしながら、実際にお会いしてから本格的なパーティーづくりがスタートしていきました。

パーティーコンセプト

今回、お二人と決めたパーティーテーマ・コンセプトは

OHANA-家族になる瞬間

OHANAとは、ハワイ語で “家族”や“仲間” を意味します。

もちろん新婦さんがお花が好き、という意味合いも含まれますが、花が開く瞬間は夫婦、家族、仲間としてのスタートを意味し、そしてこれからは夫婦二人三脚で息を合わせ、二人の新しい美容室 “Hairsalon pauhana”で花咲かせよう。

それぞれの“瞬間”を大切にしてきたからこそ今がある。

あの日見た花火のように光って咲く夫婦人生を。

結婚パーティー当日にはたくさん刻まれる想いの交錯、大切なゲストとお二人が一つになるその瞬間を、見逃すことなく過ごそう。

そんな想いを込めて。このテーマ・コンセプトにしました。

パーティーでは、大切な仲間が

「またここに来たい!」

そんな風に思っていただけるパーティーにしたいと、おっしゃっていたお二人。

一体どんな結婚パーティーになったのか。このブログを読んで下さっている方と一緒にのぞいていきましょう。

会場コーディネート

思い出の地、伊豆高原・花の森クラリスのイングリッシュガーデンをモチーフとしたデザインをあしらいコーディネート。

専属のアートフラワーコーディネーターとの打ち合わせに基づき、イメージ画がそのまま、当日は表現されていくのも、NEO FLAG.Weddingの特徴の一つでもあります。

たった二人だけのバルーンリリース

実はこのバルーンリリース。入場前のある時間を使って。たった二人だけのバルーンリリースを行います。バルーンの中には未来へ飛ばす花のタネ入り。

今日という日のスタートを切ると共に、パーティーのフィナーレにも繋がる布石にもなっています。(このブログの最後まで読んで頂くと、この意味が分かります)

これがコンセプトウェディングの中身

受付ではエスコートフラワーを

受付ではコンセプトのエッセンスにもなっている”お花”を用い、エスコートフラワーでゲストをご案内。

入場~ウェルカムスピーチ

当日は約80名のゲスト。祝福を間近で感じながらメイン席へ進みます

早速ゲストの方も感動していらっしゃいますね♡

そして、ウェルカムスピーチの後は、乾杯!そして、皆さまとの再会をたのしみつつ、歓談の時間へ。

ケーキセレモニー

ケーキセレモニーもお花のアレンジを加え、オリジナル仕様に。

目一杯のファーストバイトを収めていただいた後は、ご両親への感謝の気持ちをケーキに込めて

サプライズのお呼び出しにまんざらでもないご両親たち。

すごく今日という日を楽しみにしていたこともあり、何が起こるかワクワクのご様子。

ゲストも総立ちで全員が前に集まる様は圧巻でした!

お二人から今までありがとうの感謝の意味を込めて、「あーん!」

そして、今日という日を迎えた両親へインタビュー。

まさかのフィナーレのような展開に涙するゲストも。。。

ご両親の挨拶は「一番最後!」というような当たり前の雰囲気が結婚式に行くとありますよね?

でもこれ、誰が決めたんでしょうか?

いいんです。思いっきりフューチャーして、ゲストの前できちんと感謝とお礼を楽しい雰囲気で伝えて下さい!

お一人でいってきまーす!

お色直しのため中座のお時間です。

新婦は、エスコートありで、新郎はお一人で行ってきまーす!という声が写真からも聞こえてきそうですね。

実はこの中座中、控室では新郎による新婦のヘアチェンジが行われる予定ですが、職業柄、そのシーンは見せたいということでカメラを潜入させフィナーレでお見せできるような編集を。

さてどんなお色直し姿になったのでしょうか??

お二人をお迎えしましょう!!

新婦さんはなんと、ロングの髪をバッサリ、ショートヘアーにアレンジ。

この変化にはゲストもびっくり。かわいいー♡という声が止まりません。

そんな新たな姿をお披露目すべくテーブルラウンドへ移ります。

そして会場は暗くなり、サプライズ余興へ。

新婦さんから、新郎さんに向けてサプライズムービーを。

鹿児島から参加できない親友からのメッセージと、このような形で横浜でパーティーをしよう!といってくれた新郎へ照れ臭くて伝えられない想いを自ら編集くれました。

思わず新郎も。。。

楽しい時間もあっという間です。

楽しい!だけではもったいない

楽しすぎたパーティーもいよいよフィナーレ。

普通はここで、両親への手紙→花束贈呈→謝辞(新郎父と新郎の挨拶)という流れが一般的ですが、NEO FLAG.Weddingでは、スピード感溢れるまさにジェットコースターのようなパーティーでも、フィナーレには、もう一度、ゲストと共に振り返って、コンセプトウェディングを完成させるセレモニーを行います。

「キャンドルブッフェ」という形でゲストはお好きな色のお花の形をしたキャンドルを手に取り「承認式会場」へ移動します。

そう。チャペルです。

通常は、パーティーが始まる前に、牧師先生が登場して、キリスト教式で挙式を行ってから披露宴へ・・・という流れが一般的ですよね?

でも、NEO FLAG.Weddingでは、パーティーを通じてお互いのパートナーを紹介、披露して、過去から現在を旅していきます。

そのベースがあって、初めて、未来に向かう祝福、誓い、宣言、承認があると考えます。

だから、二人が何を伝えたかったのをゲストが理解できた、このタイミングだからこそこのセレモニーは価値があるのです。

今回表現したかったもう一つの側面

”両家の繋がり”

NEO FLAG.Weddingが掲げるパーティーのフィナーレでもある”承認式”をこれまでに過ごしたメイン会場ではなく、付属のチャペルで表現することが最大のポイントでした。

このウェディングを担当プロデューサーの私、尾山からお二人への問いかけは

家族になる瞬間に、お二人はご両親、そしてゲストに何を誓いますか?

でした。

ゲストが待ち構える承認式会場へ改めておふたりの入場です。

その先には、ご両親が待っています。

今までの感謝の気持ちをお手紙に乗せて、声で届けます。

一歩一歩ご両親のもとへ。

そして、その想いを花束に乗せて、お渡しします。

キャンドルセレモニー

本日、本当に沢山の皆様に見守っていただき、お二人は今日のこの日を迎える事が出来ました。

沢山のご友人や、お世話になった職場の方々。

お二人がこれからも繋がっていきたい皆様です。

これより、お二人と皆様とのご縁をこれからも大切に繋いでいくという想いを込め、キャンドルリレーを行います。

これよりお二人がプロポーズで見た鎌倉花火大会、その花火を皆様の手によってここに灯していただきましょう。

この灯がつながっていく光景はお二人の軌跡を表します。

全てのキャンドルに火が灯り、チャペルに美しい花火が咲き誇りました。

皆様に繋いでいただいたこの想い、そっと吹き消す事で、お二人を真の夫婦として認めて下さった証となります。

それでは、皆様の承認の想いをお2人に届けていただきましょう。

3.2.1…   どうぞ。

吹き消した瞬間、ゲストへの感謝のメッセージが、今日の素晴らしいパーティーの映像と共にゲストの元へ届きます。

そう。

パーティーの始まる前に立った二人で飛ばしたバルーンのタネは、今日のパーティーを通じて花開き、ゲストの皆さんからご承認を経て、お二人はこれから夫婦としての新たな道をスタートします。

この先の未来に何か予期せぬ事が起きたとしても、今、お二人の目の前にいらっしゃる

大切な仲間=OHANA

の存在は、お二人がいつでも立ち止まれる場所として、これからもお二人の背中を押してくれるものとなるでしょう。

退場は皆様の手で繋がれた未来へ続くアーチを作り、その中をくぐります。

本当におめでとうございました!!

~担当プロデューサーより~

鹿児島県という国内でのお客様NEOFLAG.至上もっとも遠いお客様でした。物理的な距離を感じさせないくらい、毎日のようにやり取りをしていましたね。新婦さんがお花が好き、これから育てていく新たなお店のコンセプトを聞いて今回のテーマを導き出しました。すっごくお二人らしく、ゲストやご両親の温かいお気持ちが会場全体でかけ算を起こし、最高の1日になったのではないでしょうか。本当におめでとうございました!


サポート実績2,000組以上のNEO FLAG.Weddingについて

ネオフラッグ ロゴ

私たちNEO FLAG.Weddingは関東圏を中心に結婚式・1.5次会を総合的にプロデュースしている企業です。掲げるコンセプトは

未来に繋げる、繋がるWedding


もっとクリエイティブで、自由で、オリジナルな結婚パーティーを通じてご友人たちから「本当に結婚パーティー楽しかった!最高だった!」と言ってもらえるような、価値ある一日を是非私たちと一緒に目指しましょう。

東京、横浜、千葉、埼玉を中心に、約500会場からお二人にぴったりの会場をナビゲート。お二人のこと、ゲストのこと、色々なお話を重ねながら、専属のウェディングプランナーがサポートいたします。

 

1.5次会のパーティー実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

1.5次会を成功させる秘訣が全てわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン)

NEO FLAG.wedding Promotion movie

NEO FLAG.wedding Digest movie

【インタビュー】新郎新婦が主役だけど主役じゃない結婚式?!

【インタビュー】友達に自慢できるような、納得のいく結婚式1.5次会の作り方

【インタビューやりたくなかった新郎が結婚式1.5次会を開いて思うこと

自己負担金額の目安

プランナー

自己負担金の目安

また自己負担0円で1.5次会ができる!というようなプランのご用意もございません。
あくまで、1.5次会の新郎新婦の平均的な自己負担額である40万円程度は、少なくともかかってくるものと想定して頂けるとよいでしょう。

NEO FLAG.Weddingのプロデュースの場合は、パーティーの内容にもよりますが多くは60万円~90万円程度の自己負担金となることが多いですがそれぞれのお客様に応じてプラン二ングしています。
祝儀制で実施される従来の結婚披露宴の一般的な自己負担額130万円と比べると、お二人にもゲストにも負担が少なく満足度の高いオリジナルの会費制1.5次会が実施できる点が人気の理由と言えるでしょう。

私たちが1.5次会を開催するにあたってのどんな疑問も解決いたします!

ネオフラッグ プランナー


1.5次会についてネオフラッグウェディングに問い合わせる

電話で1.5次会について問い合わせる

℡ 045-910-0131
(営業時間 10:00~19:00)※毎週水曜日は定休日

1.5次会のパーティー実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

1.5次会を成功させる秘訣が全てわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン)


  • 最近の記事

  • Instagram

    Something is wrong.
    Instagram token error.
    Load More