CATEGORY:  1.5次会/結婚パーティ ・ ニュース ・ 
2020/04/26

【パーティーレポート】まだまだ今日は通過地点!?コンセプトは”THE MILESTONES-アルクアラウンド”


人生100年時代という言葉がすぐそこにまでやって来ました。今まで過ごして来た人生や、そのタイミングで出会った人や思い出は鮮明に覚えているものでしょうか。

また、マイルストーンという言葉をご存知でしょうか。道路に置いてある標石をさしたり、ビジネスではプロジェクトがどこまで進んでいるか確認するポイントという意味で使われたりします。人生においても出会いやターニングポイントの意味合いとして使うこともできます。

ライフイベントにおけるマイルストーンは人それぞれ。今回ご紹介するのは、そんな今までのマイルストーンを噛み締めながら作っていくご友人のみで過ごすウェディングパーティーです。

 

ご紹介するのはこんなお二人

お二人とも前職の眼鏡屋さんで仕事仲間になったお二人。歓迎会をキッカケに波長がぴったり合うことを確信し、おつきあいがスタート。お休みが合わず、夜のドライブや“探検” という名の散歩に出かける中でさらにお互いを見つけあい、みなとみらいコスモクロック頂上でのプロポーズ。これから同じ時を刻む“時計”をプレゼントし、結婚へと道を進めます。

とにかく何していいか、わからない!けど、漠然とこんなのできたらいいなという想いを持つ新郎さんとそれを実現するために影でサポートを惜しまない新婦さん。

見渡せば、お互いのことも知ってくれている気の知れた仲間が多く、でも、結婚の報告や「今まで支えてくれてありがとう!これからもよろしくお願いします。」を自分たちの言葉で伝えられる場でもあります。

これから進む道は、大切な仲間がいてくれるからこそ進める道。出逢ってきた軌跡の中にある“マイルストーン”=道しるべを噛み締め、そのマイルストーンがなければ、歩めない道であることを再確認する場所。

だからこそワクワク感動を味わい、感謝が伝わる“画期的なできごと” になる1 日を作ろう!というストーリーから、

コンセプトは

“THE MILESTONES-アルクアラウンド”

としました。

そしてマイルストーンという単語に隠されたもう一つの意味“画期的な出来事”。今日がおふたり、そしてゲストにとっても画期的な1日になりますようにという想いを込めて。

いよいよ、パーティーのスタートです!

 

パーティーへのご招待はチケット風に!?

お二人共通項として音楽(特にビートルズ)はお好きであることから、表現の手段としてそのような要素も入れていくことにしました。

ご友人のみだけでのパーティーにおいては招待状を出さずにLINE等で出欠を取るケースも増えている一方期待値はどうしても煽れないとも言えます。事前に出欠はLINE等で行い、出席確定の方へ返信ハガキなしで“ご案内状”として送るケースも増えています。

今回のお二人も後者のプランを採択して頂きました。

写真の上がご案内フライヤー。ビートルズ初来日のシーンを再現しお披露目感を演出。

下がチケット。事前にOKをもらっているので色分けして席番号をリンクさせて送付しました。
ライブチケットと同じ考え方ですね♪

受付にはお二人お立ち頂き、自らチケットを入場チェック。会話も弾みますね!

栓抜きで作ったエスコートアイテム。こちらを持ってウェルカムドリンクを受け取ります。

お席にはレコード型の席札で♪

会場のスクリーンには、メインビジュアルが映し出されいよいよ開宴です!

入場、そして乾杯へ

改めてお二人をお迎えします。実はご新婦様が衣装店にお勤めの方でしたのでご自身で選ばれたお気に入りの1着なんです。

そして、早速声高々に…かんぱーい!!

比較的前半はゆったり過ごせるように時間配分をし、お二人も自由に動きながらお写真タイムへ。

ご友人のDJタイムも挟みながら心地よい温度感で会は進んでいきます。

後半戦の幕開けはバースデーケーキ!?

タイミングをみてお二人は中座をし、お色直しへ。後半戦に向けてカジュアルスタイルに(´∀`=)
新郎さんはハーフパンツスタイルにジャケット。新婦さんは淡いグリーンのドレスで登場です。

そしてメインテーブルに到着すると、突然バースデーソングがかかり始めます♪

ゲストにとっての画期的な出来事。
それは誕生日ということから今月誕生日のゲストをお祝いする演出で後半戦をスタート。

そして実はこの企画を知らなかった新郎さんも誕生月でした。笑
新婦さんからのサプライズということで一緒にろうそくを吹き消しました。

おめでとうバイトということでケーキのお裾分けを♪

そして忘れちゃいませんよ!新郎さんにもあーんと。

ゲストを巻き込んだハッピーバースデーセレモニーでした☆

テーブルラウンドで渡されたのは謎の小瓶!?

続けてお二人揃って各ゲストのテーブルへと回っていきます。そこで配られるものは…

ん?ゲストもちょっと不思議そうですね(・・?)

さぁ、ここからはイベントタイムです!

テーブルの真ん中には器があり、代表者には配られた小瓶のお水を一斉に注いでもらいます。

そうすると…様々な色が出て来ましたよ???

実はエスコート栓抜きの下にはパネルがあったんですね。これを景品とした抽選会のお時間です。

豪華景品が当たるのは…果たして!?

ルールとしては色くじを引いてもらい同じ色のテーブルに当たりの権利が渡ります。
前に当たった人に引いてもらう数珠繋ぎ方式で進行し、

さらにそのテーブルの中から1名をお二人が預かっていたチケットの半券をくじにして決めます。

  

ドキドキしながらの抽選会も大好評で盛り上がりました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

画期的な1日の集大成。フィナーレへ

さて、楽しかったパーティーもそろそろお開きの時間が近づいてきました。
お二人は会場後方に移動し、ラストセレモニーへ。

各テーブルゲスト全員に砂の入った小瓶が今度は渡されます。その砂を先ほど光らせた各テーブルの器の上で合わせて頂きゲストの想いもひとつにします。

実は個々のテーブルにはカテゴリーごとに意味を持たせて色付くように設定をしていました。

例えば、ずっとバンド仲間として一緒にいる新郎さん側の友人テーブルは“青春”でブルーだったり今でも女子バナが尽きない新婦さん側の大学友人テーブルは“永遠”でホワイト、という風に…

テーブルの代表者にはその合わさった砂をお二人の元へとお持ち頂き、これから時を刻むというプローポーズのエピソードになぞらえこれからはゲストとの時間を刻んでいく“砂時計”にしていきます。

そしてラストに、お二人それぞれで入れて頂き、

封をして完成させます。
これでこの会場にマイルストーンを残し、これからの道へ進むことができます。

みんなの想いが詰まったこの砂時計は自分たちが歩んでいく人生において困難や苦難、乗り越えないといけない壁にぶつかった時に振り返る原点=道しるべとなるでしょう。

みんな、ありがとう!バイバイ!!各テーブルに一礼しながら退場です(^^)/~~~

ラストのラスト、新郎さんへはお友達から胴上げ!

本当におめでとうございました!

~担当プロデューサー尾山より~

実は新郎さんは遺跡発掘のお仕事をされていて、お肌はこんがり小麦色。新婦さんとのコントラストも印象的でした笑
ご相談会の日にそのままイメージが湧いていただけてアイディアフラッシュで色々話していくうちに会ができていきました。当日は誰よりも楽しんでいた新郎さん、そして微笑ましく見守る新婦さん。お子様も生まれたというご報告も頂き、新しいマイルストーンも刻むお二人。これからもお幸せに*\(^o^)/*

このお二人のパーティー後の赤裸々なインタビュー動画はこちら


サポート実績2,000組以上のNEO FLAG.Weddingについて

ネオフラッグ ロゴ

私たちNEO FLAG.Weddingは全国を対象にオリジナルウェディングを総合的にプロデュースしている企業です。掲げるコンセプトは

未来に繋げる、繋がるWedding


もっとクリエイティブで、自由で、オリジナルな結婚パーティーを通じてご友人たちから「本当に結婚パーティー楽しかった!最高だった!」と言ってもらえるような、価値ある一日を是非私たちと一緒に目指しましょう。

東京、横浜、千葉、埼玉を中心に、約500会場からお二人にぴったりの会場をナビゲート。お二人のこと、ゲストのこと、色々なお話を重ねながら、専属のウェディングプランナーがサポートいたします。

オリジナルウェディングのパーティー実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

イメージ0でもオリジナルウェディングがまるっとわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン・TV電話)

NEO FLAG.wedding Promotion movie

NEO FLAG.wedding Digest movie

【インタビュー】流れ作業のような結婚式ならやりたくない!「キャンプや登山に行きたくなった!」というゲストの声続出のパーティーを終えてみて思うこと

【インタビュー】縁日をモチーフにしながらゲスト一人一人に感謝を伝えられた結婚式を終えてみて二人が思うこと

【インタビュー】特徴がなく平凡だと思っていた二人が、オリジナルウェディングを終えて思うこと

みんなで作り上げる結婚式にしたかった!プレ花嫁に向けた先輩カップルのアドバイス

自己負担金額の目安

自己負担金の目安

また自己負担0円で会費制ウェディングができる!というようなプランのご用意もございません。
あくまで、会費制ウェディングの新郎新婦の平均的な自己負担額である50万円程度は、少なくともかかってくるものと想定して頂けるとよいでしょう。

NEO FLAG.Weddingのプロデュースの場合は、パーティーの内容にもよりますが多くは80万円~100万円程度の自己負担金となることが多いですがそれぞれのお客様に応じてプラン二ングしています。

祝儀制で実施される従来の結婚披露宴の一般的な自己負担額130万円と比べると、お二人にもゲストにも負担が少なく満足度の高いオリジナルの会費制ウェディングが実施できる点が人気の理由と言えるでしょう。
私たちが会費制ウェディングを開催するにあたってのどんな疑問も解決いたします!


オリジナルウェディングについてネオフラッグウェディングに問い合わせる

電話で問い合わせる

℡ 0120-935-857
(営業時間 10:00~19:00)※毎週水曜日は定休日

オリジナルウェディングの実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

オリジナルウェディングを成功させる秘訣が全てわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン)


  • 最近の記事

  • Instagram