CATEGORY:  お悩み解決 ・ ニュース ・ 
2019/02/14

花嫁の手紙朗読、いる?いらない?手紙に変わる結婚式感動ポイント5選


感動のシーンが詰まっている結婚式!このブログを読んで下さっているあなたは、これまでに親戚やご友人などの結婚式に列席したことはありますか?

花嫁から親御様へのお手紙で、思わずもらい泣きしてしまった!という経験も、もしかしたらあるのではないでしょうか?

しかし、最近のウェディングの傾向では、形式張った披露宴はしたくない!という思いから、カジュアルで、新郎新婦だけではなく、招待されるゲストにも負担が少ない結婚式1.5次会というスタイルを選ぶお二人が増えてきました。

そうしたことから、いわゆる「THE 結婚式」の代名詞でもある、「花嫁の手紙」を最近の傾向では、行わない方も多くなってきているのも事実です。

ましてや、ご両親が列席していない友人のみの結婚パーティーですと、親御さんが列席していないので、お手紙朗読はもちろんしないですよね?

でも、そういった際に、よくご新婦から質問を受けるのが、

『手紙を読まないので感動のシーンが無いのですが大丈夫ですか?』

というもの。

この質問には、いつも私たちウエディングプロデューサーはこう答えます。



「大丈夫です!」

はい。大丈夫です。

むしろ、“THE、感動のシーン”で、泣かせにいってます!

というよりも、お越しになるゲスト層やお二人のキャラクターなど、場合によっては、あえて「無くしましょう」とご提案することもあります。むしろ、自然な結婚パーティーの自然な流れの中で人は予期せぬ所で感動したりします。

ということで、このブログではオリジナル結婚パーティー2,000組以上のサポートをしてきたNEO FLAG.Weddingのプロデューサー、澤智子(さわ さとこ)が心が動いた結婚パーティーでの“自然な泣き笑い!?どころ5選”をお伝えします。

1:受付していきなり会場で!パターン

ゲスト会場に入って席にまず着く迎賓(げいひん)と呼ばれるシーンで会場に入ったゲストが、まだ会わないと思っていたお二人がいきなりのお出迎えしている姿を見て号泣!

不意をついた登場とお二人の晴れの姿にゲストも思わず自然と涙が。

2:ウェルカムスピーチでご新郎が涙・・・


この日を迎えられた喜びと、みんなのお顔を拝見してたくさんの祝福を受けて入場すると、思わず胸が一杯に・・・。

3:中座のエスコートにサプライズに指名されて・・・

こちらも不意に呼ばれビックリしてしまうのと、エスコート役と言う名誉に感動。

4:各卓写真で相手の親御様と握手して

各テーブルへのご挨拶は、全てのゲストとしっかりお話しできるチャンス。

ご新婦の親御様のテーブルで、ご新郎が『改めて宜しくお願い致します』と頭を下げ、ご新婦のお父様と固い握手。これには、回りのゲストも巻き込んで涙のシーンに。

5:お見送りで友人からの激励に涙

パーティーを通じて夫婦として承認頂き、お見送りではゲストから色々な言葉を掛けられます。涙と笑顔が混ざる素敵なシーンで絆も深まりますね。

このお見送りのシーンで様々なゲストから、改めてもらい祝福と応援の声は本当にお二人にとっても嬉しいものです。祝福以外にも「本当に楽しかった!招待してくれてありがとう」というお声をもらえたりしたら、とてもうれしいですよね。


さて、いかがでしたでしょうか?感動のシーンは作られたものではなく、お互いの思いが通じた時に不意にやって来ます。


いかにも!

という感じではなく、ゲストと過ごす時間を楽しみながら思わず泣いてしまってそれを照れ隠しのように笑い合う・・・

「泣き笑い」

と私たちは呼んでいますが、NEO FLAG.Weddingではこのゲストの泣き笑いをパーティーを通じて体験していただきたいと思ってパーティーの進行を作っています。

この泣き笑いは実は、自然な流れで起こる感情の起伏を、

司会のトーンや
音楽の強弱、
照明の加減

で何倍にも膨れ上がらせることが出来ます。

ものすごく気づきにくいのですがそこがプロの見せ所!の一つとも言えますね。

さあ、あなたはどんなパーティーにしたいですか?


サポート実績2,000組以上のNEO FLAG.Weddingについて

ネオフラッグ ロゴ

私たちNEO FLAG.Weddingは関東圏を中心に結婚式・1.5次会を総合的にプロデュースしている企業です。掲げるコンセプトは

未来に繋げる、繋がるWedding


もっとクリエイティブで、自由で、オリジナルな結婚パーティーを通じてご友人たちから「本当に結婚パーティー楽しかった!最高だった!」と言ってもらえるような、価値ある一日を是非私たちと一緒に目指しましょう。

東京、横浜、千葉、埼玉を中心に、約500会場からお二人にぴったりの会場をナビゲート。お二人のこと、ゲストのこと、色々なお話を重ねながら、専属のウェディングプランナーがサポートいたします。

 

1.5次会のパーティー実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

1.5次会を成功させる秘訣が全てわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン)

NEO FLAG.wedding Promotion movie

NEO FLAG.wedding Digest movie

【インタビュー】新郎新婦が主役だけど主役じゃない結婚式?!

【インタビュー】友達に自慢できるような、納得のいく結婚式1.5次会の作り方

【インタビューやりたくなかった新郎が結婚式1.5次会を開いて思うこと

自己負担金額の目安

プランナー

自己負担金の目安

また自己負担0円で1.5次会ができる!というようなプランのご用意もございません。
あくまで、1.5次会の新郎新婦の平均的な自己負担額である40万円程度は、少なくともかかってくるものと想定して頂けるとよいでしょう。

NEO FLAG.Weddingのプロデュースの場合は、パーティーの内容にもよりますが多くは60万円~90万円程度の自己負担金となることが多いですがそれぞれのお客様に応じてプラン二ングしています。

祝儀制で実施される従来の結婚披露宴の一般的な自己負担額130万円と比べると、お二人にもゲストにも負担が少なく満足度の高いオリジナルの会費制1.5次会が実施できる点が人気の理由と言えるでしょう。
私たちが1.5次会を開催するにあたってのどんな疑問も解決いたします!

ネオフラッグ プランナー


1.5次会についてネオフラッグウェディングに問い合わせる

電話で1.5次会について問い合わせる

℡ 0120-935-857
(営業時間 10:00~19:00)※毎週水曜日は定休日

1.5次会のパーティー実績豊富なNEO FLAG.Weddingへ

資料を請求してみる

1.5次会を成功させる秘訣が全てわかる無料相談会の

来店予約をする(横浜・東京サロン)


  • 最近の記事

  • Instagram

    Something is wrong.
    Instagram token error.
    Load More